アイデアキー

ビジネスに使えるアイデアの出し方と21の発想法まとめ

効率的にアイデアを出すブレインストーミング4つの基本。

      2016/04/20


今回は会議で使われることの多い「ブレインストーミング」を使って
効率よくアイディアを出す方法としてご紹介します。

複数人のグループを作ってアイデアを出し合う方法なので
新しいチームで団結力を高めたい時にもおすすめです。

ブレインストーミングって?

brain

「ブレインストーミング」とは
複数でそれぞれの意見やアイデアを自由に出し合うことで
より柔軟で新しいアイデアを生み出す発想法です。

効果的なブレインストーミングをする上での注意点は以下4つです。

1,自由な意見を出せるようにリラックスできる人選をする。
2,人の意見に対して批判はせずに、こうしたら更に良くなるという視点を持つ。
3,実現が難しいものでも躊躇せずに、なるべく多くの意見・アイデアを出す。
4,意見を補足したり、似た意見ならまとめて新しいアイデアに昇華する。

大切なことは、自由な意見が出しやすい雰囲気作りです。

ガチガチな環境にならないよう、和やかなムードで進行しましょう。
そしてどんな意見も尊重して書き出すことで、新しい発想が生まれやすくなります。

続いて、具体的な進行方法を紹介します。

ブレインストーミングのやり方

用意するものは筆記用具とみんなで書き込める大型サイズの用紙です。
用紙に直接書かない場合は中サイズのポストイットを使いましょう。

ブレインストーミングは様々なやり方がありますが
以下が主なブレインストーミングの進行方法です。

1,複数人のグループを作る。

2,「進行役」とアイデアを書く「書記」を決める。
・人数が少なければ進行役が書記を務めても構いません。

3,みんなで意見を出し合い、なるべく多くのアイデアを書き出す。
・進行役は意見を出しやすい和やかなムード作りに務めましょう。
 ここではアイデアを削除したりまとめたりせず、出た意見すべてを書き出します。

4,出たアイデアをまとめる。
・似た意見を統合したり、テーマに沿わない意見をみんなで話し合って消し、
 最終的なアイデアをいくつかにまとめます。

5,まとまったアイデアを発表。
・他のグループがいる場合はグループごとの意見を交換・検討します。

ブレインストーミングを行うことで
一人では思いつかなかった新しい発想が生まれますし、
コミュニケーションを取ることで、親密度も上がり士気も高まります。

また、チームをまとめる統率力や洞察力・協調性も養われるなど
ブレインストーミングをするだけでもたくさんの利点があるので
みんなでワイワイ語りながら楽しいアイデア発想を心がけていきましょう!

 - アイデア発想法